人気上昇中のカナダ留学

外国語特に英語を勉強開始する年齢が小学生、私立校は幼稚園に成って居り、それに合わせて保護者の英語教育に関する考え方が大きく変わって来ました。

英語を単に勉強する事ではなく、実際に使える英語をマスターさせるに変わっています。



この様な状況下義務教育を終了後英語教育の為海外の高校に進学する学生が増え続けています。

その中でカナダ留学の評価が上昇しています。

一番目の理由は、カナダは長い間移民受け入れを続けて居り、世界各国から多くの人々がカナダに移り住み市民権を得ています。
移民同士のコミュニケーションを図る為お互い分かり易い標準的な英語が採用され教育されてきました。

その結果他の英語圏の国の英語と比べ分かり易い英語になっています。


二番目にはカナダの高校の受け入れ態勢です。

カナダ留学の情報をご案内しているサイトです。

殆どの公立高校がカナダ留学の学生の受け入れを行っており、更に英語力に難点のある留学生を対象したバックアップの為の特別授業が用意されています。

三番目は受け入れ留学生のホームステイです。

学校がイニシアチブを取り、ホームステイ先を選定し、留学生の保護者に紹介します。


それ以降は全て学校が中心となりホームステイ先とのコミュニケーションを図り、保護者との連絡窓口となります。

保護者はいつでも学校を介して自分の子供の情報を得る事が出来ます。

子供を心配する保護者にとっては心強いシステムになっています。

信頼性の高い朝日新聞デジタルがどんなものかご存知ですか。

又ホームステイ先は子供が巣立った初老の夫婦世帯が選ばれるケースが多く、自分の子供のように接し、カナダ留学の良い思い出の一つになっています。